お年玉っていくらあげたらいいの?

ファイナンシャルプランナー
パッショナリスト
島貫かずみです。

 

 

 

 

前回のお年玉で金銭教育!の続きです♪

 

お年玉っていくらあげたらいいんでしょうか?

についてです!

 

 

これは本当によくいただく質問なんですが,

おこづかいと同じで,正解はないので,

家庭によってさまざまでいいと思います。

 

特にお年玉は人からいただくものなので、

もらえる年齢や金額は人によって異なるのが当然です。

 

人それぞれ年収や財産が異なるように,

お年玉の金額も違っていることを理解させることが大切です。

 

何歳まであげるかは,親同士が話し合って決めるとよいですね。
(例、中学まで、高校まで、二十歳まで、大学まで、など)

 

お子様が小さいうちは,

親が全額貯蓄してしまうケースも多いと想いますが,

小学生以上で自分の名前が書ける場合は,

口座開設から自分で行って手続きができると,

自分のお金を貯蓄しているという意識ができていいですね。

 

 

 

 

 

 

 

書けない場合でも,銀行に連れて行ったり,

通帳を見せてあげると,「自分のお金を銀行に預けた」

という実感が持てると思います。

 

入金だけでも窓口やATMで入金し,

記帳した通帳を見せると,

ただ親が入金するのとは違って,

「自分のお金」という意識ができていいと思います。

 

お年玉は金銭教育のいい機会ではありますが,

これが正解というのはないので,

それぞれのご家庭で,

ルールを決めてみんなが納得することが大切かと思います。

 

普段なかなか話す機会のないお金のことを

話すきっかけにしていただけるといいですね。

 

それでは今年も一年ありがとうございました!

よいお年をお迎えください♪

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP