72の法則とは?

 

72の法則とは,

お金が2倍になる期間が簡単にわかる便利な算式です。

72÷金利≒お金が2倍になる期間となります。

つまり,金利18%でお金を借りた場合,

72÷18=4

つまり約4年で借りたお金が2倍になるということです。

金利12%で借りた場合は,

72÷12=6

約6年で2倍となります。

 

消費者金融でお金を借りることや,キャッシングやリボ払いをすることの危険性がよくわかりますね。

 

もちろん,増やす場合の計算にも使えます。

72÷9=8

9%の金利で回せば,8年で2倍に

72÷6=12

6%で2倍になるのに12年かかります。

72÷4=18

4%で18年。

例えばお子様が生まれて18歳までに今あるお金を2倍にしようと思ったら,4%で回さないといけないということになりますね。

72÷2=36

2%で36年。まあまあ長期になってきました。

72÷1=72

1%だと72年かかるんですね…

なかなか自分で使うのは難しい年月になってきました…

72÷0.1=720

え?0.1ってまだいいほうだと思ったらこんな…

ってことは…今の定期預金金利って…

72÷0.01=7200

ちーん,7200年後にやっと2倍…(遠い目…)

そのときの物価とか想像できないレベルです(笑)

こりゃ,定期預金じゃだめだ…。

運用の必要性をひしひしと感じますね…。

 

逆に,あと10年で今あるお金を2倍にしたいと考えるなら,

72÷□=10

□=7.2

となり,

7.2%以上で運用しないといけないという使い方もできます。

 

 

※この算式で使用する金利は複利です。つまり,利子にも利子がついていく計算になります。

※算出される結果(期間や金利)は、大まかな数字であって、正確な数字ではありません。

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP