お風呂掃除20円

ファイナンシャルプランナー
パッショナリスト
島貫かずみです。

 

先日は,地元水戸の

子ども会の歓送迎会で

おこづかいゲームをさせていただきました!

 

(会場にプロジェクターがなかったので

テレビ画面で行いました!)

 

大人数バージョンは,

学校や子ども会でも使っていただけますので,

どうぞよろしくお願いします~!

 

子どもイベントをお考えの方,詳細気になる方は,

お気軽にご連絡くださいね♪

 

 

さて,今日のお話。

おこづかいのあげ方にはいろいろありますが,

「お手伝いができたら,

その都度おこづかいをあげています。」

という声をよく聞きます。

 

つまり

「お風呂掃除20円」

「皿洗い30円」

といった感じです。

 

さっさとやってくれるなら,

「宿題100円」なんて言いたい日もありますよね…(笑)

 

もう,誰のための何かわからなくなりますが(苦笑)

 

お手伝いしたらおこづかい。

仕事をしたらお金が得られることを教えられる,

とてもいい方法ですよね。

 

でもちょっと注意!

 

お手伝いをしてくれたときに,

その都度おこづかいをあげるのは,

 

「お金がなかくなったら,働けばいいや」

 

という感覚になりかねません!

 

ひょえ~恐ろしい!

もちろん,みんながみんなそうなるわけじゃないけどね。

 

大人になったら,

「その日にすぐお金がもらえる!」

という仕事は少ないですよね。

(あったらちょっと怪しいかも?!w)

 

え~じゃあどうしたらいいの?

お手伝いもして欲しいし…。

 

というそこのあなた!(あれ?いますよね?w)

 

ご安心ください。

 

ポイント制

 

にすればOKですよ♪

 

シールでも貼って,

今月お手伝いが〇回できたから,

〇〇円上乗せね!

 

という形にします!

これだったら,

おこづかいを子どもが管理する機会を奪うことなく,

金銭感覚の芽を育てられます♪

 

大人も出来高制とかはありますもんね!

 

そもそもお手伝いは,

家族の一員だから本当はやるのが当たり前のことなんですが…。

 

うちみたいに,何かご褒美がないと動かなくなってしまっている子には,

いいですよね(笑)

 

ぜひぜひご参考に,ご家庭で話あってみてくださいね~!

 

うちはこういうあげ方をしています!

こういうあげ方はどうですか?

という報告や質問などありましたら,

お気軽にご連絡くださいね♪

 

あくまで私の見解にはなってしまいますが,

お答えさせていただきますね♪

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

まずはオンラインで体験!

オンラインおこづかいゲーム

https://ameblo.jp/kazumishimanuki/entry-12445044170.html

リクエストも受付中です!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP